FC2ブログ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

回答管理 


題名ほど大層なものではありませんが、過去記事「理不尽」後半に記述(紹介すると)していたものです。
私は、このツールを使って、
・回答する前に、回答練習に分類した回答をこれに記述し
・この「回答練習」のものからコピペして、回答しています。

使用しているツールは、Vector に登録してある「わたしの情報箱」になります。
これは、Access2000 で作られており、上位互換で結構使えるものだと思います。

「わたしの情報箱」は以下からダウンロードできます。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/personal/se476592.html

作者は・・・・
以下は、デザイン画面になります。

kEnt156_D1  kEnt156_D2

まっ、使い方はサンプルファイルも添付しているので、実際にダウンロードして頂ければと・・・
寄付歓迎・・・・としていますが、フリーとした時よりも質問等は抑えられるかな・・・・というものです。

実際には、あの mde は、DAO 連結フォームの練習用だったんです。
それまでは、
・ADO での VBA 記述 & 非連結
・クエリを作っても、その使い方がわからない(答えてねっと・・・この時はそうでした)
全ては VBA ゴリゴリで・・・・

でも、何か、連結にしたら楽になりそうな・・・・
フォームとの親和性が高いのは DAO みたいだし・・・・

中のテーブルを見てもらえれば分かると思いますが、
・正規化に沿ったものにはなっていません
1レコードにキーワード部分は K0 ~ K9 のフィールドを持っています。
連結で、複数キーワードを扱うには・・・・で、作ってみたものになります。
非連結なら・・・・まぁ・・・ね・・・・・・かな?

結局、最終的には
・画面のチラツキが多い とか
・マウスのクリクリを制御するのがじっれったい・・・・
で、DAO を使った非連結のフォームになってしまったのですが・・・

使っていて、不具合はチョコチョコあります・・・・
(修正時、コンボに新規追加しても、「更新」ボタンが表示されない・・・等)

で、どのように使っているか・・・・これを紹介したいと思います。
 
これを作成した時期を見て見ると・・・・
答えてねっと でも回答していたけど・・・

教えて!goo に始まって、Yahoo知恵袋・・・・
何・・・何・・知恵袋は・・・・・・回答って消えていくものなの・・・

んなの、自分のためにもならないんじゃ・・・
試作品で・・・・まずは、goo のものを全部入れて・・・(十数件程だったか?)
(この時は、回答の控えを持ってませんでした。これ以降、回答までの手順を見直しました)

で、そこそこ使えるものなんじゃ・・・・で、Vector に登録・・・・

知恵袋のものを入れても・・・・消えるんだもんなぁ~~~~
途中手抜きで、知恵袋のものは入れないようになって・・・最近は入れるようになって・・・
まっ、いろいろありましたが、goo だけは全部入っています。

質問を見て、答えられそうなものは、自分なりに回答を作ってみて「回答練習」で登録。
チョッと熟成させて
(回答された方が居て・・・それへの補足を見てからにしようとか・・・・)

kEnt156_3

その回答は違うんじゃないの・・・
とかあれば、「回答練習」からコピペして回答します。
その後、「どのサイトに回答したか」「状況はどうなっているか」・・・に変更します。
状況については
・0pt 放置・結果待ち
・0pt 不明
・0pt 他者
・10pt
・20pt
・BA  (知恵袋の時のみ)
があり、回答直後は、「0pt 放置・結果待ち」としています。
週一 ?? 二週間に1回 ?? 「0pt 放置・結果待ち」について、確認します。

もちろん、回答せずに「回答練習」のまま終わるものもあります。

あっ、右側に入力するもの・・・この紹介が抜けてましたね・・・
右側には、「誰の」「どんな質問に」「どう回答した」が入っています。

kEnt156_1

回答が連続する場合には、自分がわかれば良いので・・・・
そこそこのスペースを空けて・・・同一質問に追加していきます。

kEnt156_2

回答としては、自分のものだけしか入っていません。
他の方の回答や補足/お礼は、サイトを参照すれば見る事が出来るので・・・・

で、「回答練習」で登録してから、コピペで回答・・・・
前までは周期は短かったのですが・・・・・最近は長くなっています。

最近では、http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8060564.html で用意していたのですが、
時期遅く、#1さんが回答された後で・・・補足がつくまで待ってました。
補足がついてからでも良いのかなぁ・・・・と。
3日も応答がないので、回答しておこうかな・・・・
(回答された方がいたようですが、内容は全く違うし・・・・)

キーワードの付け方ですが、上記の他にも
・Access
・Filter
・VBA
・部分削除
・部分削除(回答毎)
など、いろいろとあります。
去年暮れぐらいから、また、知恵袋の方で回答するようになりましたが、
それ以前に回答していて・・・・投票にまわった・・・ジャッジは正しいの ???
私が見るに・・・あの方が BA なのでは・・・・質問ごと消える・・・もしくは別の方・・・
・・・これにぶち当たって・・・・
投票に回るくらいなら、自分から消そう・・・・
・回答が間違ってました・・・降参です・・・
・・・での、「自ら削除」と区別する上で、「自ら取消・ふざけるな」を作ってみたり・・・

事務局からの編集/削除された場合は、キーワード「部分削除」等つけて
どの部分がどうだったか・・・・分かるようにしています。

kEnt156_6

この画面を見ると、結構編集されているように思うかもしれませんが、
大半は hatena さんの URL を記述した=営業宣伝目的 として処理されたものです。
今は、事務局も間違いだったと・・・記述できるようになってます。

このツールを使っていると、結構便利で、
過去に、こういうものを回答した事があったかなぁ・・・とか、
1度「回答練習」で登録後、「誰」で検索すると、過去の質問・回答が引っかかる事があります。
それを見て、放置する人みたい・・・・なら、「回答練習」のままにするとか・・・・
もちろん、「回答練習」にしたものは、後でチェックしながら・・・
・用意していた回答はあっていたのか・・・自分の勉強用にしています。

また、ブログの記事にしたら、自分も勉強になりそう・・・これもキーワードを設定しておきます。
ただ、全部が全部、記事になる事はありません。

このツールで使っているテーブルは、メインの「T_MAIN」とキーワードの「T_KWD」しかありません。
Shiftキーを押しながら起動すると見る事が出来ると思います。
クエリを作成することもできるので、例えば、
どのサイト・・・これは K8 に・・・、どの様な結果・・・これは K7 に・・・・
で、それぞれのキーワードのID値を調べておいて・・・

SELECT Q1.[教えて goo], Q1.質問数, Q1.ポイント, Q1.質問数/Q2.全数 AS 比率
FROM (SELECT 10 as S, "10" AS [教えて goo], Count(*) AS 質問数, 質問数*10 AS ポイント FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=6) GROUP BY K8
UNION
SELECT 11, "20", Count(*) AS 質問数, 質問数*20 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=9) GROUP BY K8
UNION
SELECT 2, '0pt 他者', Count(*), 0 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=44) GROUP BY K8
UNION
SELECT 1, '0pt 放置・結果待ち', Count(*), 0 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=45) GROUP BY K8
UNION
SELECT 3, '0pt 不明', Count(*), 0 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=46) GROUP BY K8
UNION
SELECT 20, '削除された(質問ごと)', Count(*), 0 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) And (K7=41) GROUP BY K8
UNION
SELECT 30, "合計", Count(*), SUM(IIF(K7=6,10,IIF(K7=9,20,0))) FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33) ) AS Q1, (SELECT Count(*) AS 全数 FROM T_MAIN WHERE (used=True) And (K8=33)) AS Q2
ORDER BY Q1.S;

 
また、以下の記述をしておくと、月別の回答数とか・・・・
SELECT Format(T_MAIN.登録日,"yyyy/mm") AS 登録日, Count(*) AS 件数
FROM T_MAIN
WHERE (used = True) AND (K8=33)
GROUP BY Format(T_MAIN.登録日,"yyyy/mm");

 
これらクエリの表示は以下の様になります。

kEnt156_Q

クエリを作れば、いろいろ出来るという事で・・・・

ツールに興味のある方は、使ってみてください。
気付いている不具合はチョコチョコありますが、今のところ修正の予定はありません。
レコードの更新日時は埋め込むようにしたけど、初期登録日時も持てば良かったかなぁ・・・
とか考える事はありますが・・・

上記で紹介した、goo/yahoo知恵袋 への回答に使っているほか・・・・
・自ブログの記事管理用
・一般的なノウハウ用
など、用途に応じてチョコチョコと使ってます・・・・
(それぞれ mde ファイルは別になります:左-自ブログ用 右-一般用とか)

kEnt156_4  kEnt156_5

特に moug での QA は6か月で消えてしまうので、あっ・・・と思ったのは登録してます。
誰にあげる・・・でもないので問題はないかと・・・

ま、使い方によっては、
複数の mde を管理する様に・・・・構成する事が出来ます。
(使っていると、リンクは3つあった方が良かったかなぁ・・・と思う事もありますが、
そのリンクに各 mde を登録するとか・・・とか・・・)
フォルダ名を入れておくと、エクスプローラで開くとか・・・諸々・そこそこ使えるかと・・・

フォルダを指定した例としては、
「XXXX 旅行の画像集」というタイトルで、リンクをフォルダにして・・・
で、右側には、日程だとか・・・どこどこの ★★ がおいしかったとか・・・
後で、★★ で検索すると・・・・あぁ~あのお店だったね・・・・とかとか・・・

また、mde の置き場所によっては、リンクの記述はファイル名だけにできたり・・・
(絶対パスではなく・・・)


なお、これを作っていた時の部分的なもの・・・・
何個か過去記事にしてました。


という事で、紹介を終わります。
関連記事

2013/04/30

Category: 使えたら

TB: --  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。